スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキの際は前輪に荷重が移動するので、腰を意識的にうしろに置きましょう。

サドルにどっかりと座らないことが肝要にござります。
自転車の話です。

だいたい書くことが、山か自転車の話しかねぇもんな。

この間の上京では、ARAYAFEDを買った仙川のWINGPAWでコレ
OGK SPG-4 指切りグローブ ピンクパープル/MOGK SPG-4 指切りグローブ ピンクパープル/M
()
OGK

商品詳細を見る
を500円で、サイクリーでサドルバックを手に入れました。そして前の記事で書きましたが、上町の長谷川自転車商会へ行きました。
ARAYA FED用のベルを買おうと寄ったわけでございます。
ここは、オールドパーツの宝庫。所狭しと、絶版のディレーラーなどがピカピカで置いてあるんです。
ちょっとやそっとの時間でできるような空間じゃあないです。ただベルを探しに来ただけでしたが、小1時間ほどランドナーについて講義まで受けてきました。
もともと、日本のツーリング車は英国のものが主流であったが、山が多い日本の地形にはフランス生まれのランドナーがぴったりということで、鳥山博士がフランスから持ち帰った3台のランドナーを手本に日本のツーリング車が作られたという話や、私の乗っている、フェデラルという車種は、フランスで日常用を指すものであること、プジョーPF10Jのエンドはカンパニョーロが使えるかもしれないということや、サンプレックスは主にロード用で中古パーツが入手しづらいこと。ツーリングするなら新潟がいいとかね。ランドナーは趣味にするには調度よい自転車なのだそうで。たしかに、ドロップハンドルで、それなりにスピードも出せるけど、ロードレーサーのように速さを求めることはいらない。
森ガール的な格好して跨ってる自転車がTREKあたりのレーシーなデザインだったりする人を見かけましたが、正直妙でございます。合ってないわな、あれがランドナーだったらしっくり来る。
自転車に興味持ち始めた人ほどランドナーを知ってほしいですね。
そんで、ベルを購入。真鍮製の余韻まできれいな950円のもの。
値段じゃないです。音にホレました。
なんかね、金持ちに心の豊かさ、センスで負けたかないとね。
それとね、価格ってひとつのものさしで測れないよな。値札が高くとも、使いように寄っては安くなる。
しっかし、高いよな、ベルなんか100円で買えるもん。バカだねぇ。

1月16日朝の松本です。クリックで拡大します。晩に降雪し、道は真っ白に。
11011601.jpg11011602.jpg11011603.jpg11011604.jpg11011605.jpg
雪って、音を吸いとるんですかね、妙に静かなんですよ。でも嫌いじゃないです。山でもあるのですが、ふと音が消える瞬間っていいもんです。安らぐんですかね。
圧雪路をスノータイヤを履いたARAYA FEDでサイクリング。タイヤが雪を踏みしめる音が心地いい。

楽しい乗り物なんです自転車は。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。