スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レガシィの本気、ヴィヴィオの本気


昔のWRCのムービーを最近探してみてます。
もうスバルはワークス参戦してませんから。
これは93年のダイジェスト。途中、軽自動車のヴィヴィオ(え?)がサファリラリーに参戦しているのも入ってます。軽にいたっても、手を抜かないところがスバルは良いです。
93年のラリーニュージーランドに参戦し、スバルのWRC初優勝を飾ったレガシィを三鷹のSTIで見たことがありますが、カラーリング、ロールバーなど以外は一見普通のレガシィなんですよね。
飾りまでついてますから。
クルマってのは、(少なくともスバルは)見た目も走りも軽快であるべきです。自転車でも思っているのですが、さっと乗れる見た目、羽の生えたような軽い加速感、野山を駆け回る鹿のような、かつ、ふらつかない安定性が理想です。つまり、ラリーカーのような姿ですよ。だから、私の選んだ、ARAYA FEDはランドナーベースの簡素なモデルなのです。最近のクルマはインプレッサにしたって鈍重なイメージになりました。物理的にデカいですし。スバルにとってラリーのイメージは大きなものですから、これを飛ばしてしまうのはなんとも残念であります。
将来、快適性を重視した、リビングのような電気自動車が作られるとしたら、こういった考えの基に作られた乗り物は貴重なものとなりましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。