スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の星へ愛をこめて

月曜のハナシです。
水生昆虫がいるよとの一報を受け、プレオを旧権兵衛峠の山道へ。
そこは、ボーイスカウトのなんか、森。沢がせき止めてあって、その小さなダム池にイモリやミズカマキリ、マツモムシがいっぱいいたのでした。
さて問題。下の写真にミズカマキリがいます。どこでしょう。
h01.jpg
正解はクリックで!

h03.jpg
イモリは赤腹。高校の生物室にいた2匹のイモリは仲が悪く、水槽の中で喧嘩して、片割れの腕がポロリ。あとで生えてきていました。そう、イモリは再生芽を持つんですねぇ。片側だけが小さく、バランスの悪くなっていました。
ミズカマキリとマツモムシはバケツに移して観察してみました。どちらも半翅目。ミズカマキリはシュノーケルのような呼吸管を尾部に持っていて、マツモムシは時折浮上してきて呼吸します。マツモムシは逆さに泳ぎ、背中に空気をまとって浮上します。
昆虫とか撮影するときは、マクロレンズがホント重宝します。マツモムシの足の細かな毛まで撮れているのを見ると、うれしいものです。偶然、バケツに落ちたクモをミズカマキリが捕食していました。タガメもそうですが、体液を吸って生きています。腑抜けになったクモが水底に落ちていきました。そんなことが日常なんですね。
沢筋にはネコノメソウが咲いていました。

こんど、μタフを持って行って、水中撮影してみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。