スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CYCLE MODE 2013

c01_201311302117019d7.jpg
自転車の見本市、サイクルモードインターナショナル2013@幕張メッセへ行ってきました。
東京モーターショーの自転車版と思って下さい。各メーカーのニューモデルや、パーツメーカーの新商品の展示、また、試乗もできるという自転車づくしのイベント!
自転車の保険として入会しているTEAM KEEP LEFTの会員特典で、入場券がタダなので去年から行きたいなーと思ってたのですが、念願の初サイクルモードでした!

もう、1ヶ月もたちましたか。

実家のある多摩地域から幕張はホントに遠いですね。地の果てですわw
で、海浜幕張駅に着いたら、同会場の別ホールで行われてたOne Directionのコンサートのファンが目立ち、あれー?間違えたかーと思うほど(笑)

会員証と身分証を提示して、無事入場。冒頭の写真の光景が広がるのです。名だたるパーツメーカー自転車メーカーのロゴがポコポコ見えるだけでテンションUP!

以下、写真とともに紹介していきます。
【メーカーブース編】
c03_20131130211702cac.jpg
美しいオーダー自転車を創る、言わずと知れたフレーム工房の「CHERUBIM(ケルビム)」の今野製作所。
雑誌などで見て美しいなぁと思っておりましたが、直に見ると細部の造形や纏う空気感なども感じられ、唸ってしまう出来。サイクルペーパークラフトのヒントにもなりそうです。

c04_20131130211704cde.jpg
以前の愛車フェデラルのメーカー、新家工業ブース。英国の老舗ラレーブランドも製造・販売しています。
老舗の国産唯一のリムメーカーでもあります。行く前から気になっていた、MTBのマディフォックス650Bを目当てにちょくちょく行きました。カスタムを基本にした販売方針も好きだし、パーツの選定やコンセプトも独特でお気に入りのメーカーです。ラレーのカールトンはもちろん、新しいアラヤCXカッコ良かったですね。

c05_2013113021170573d.jpg
イタリアの高級スポーツ自転車ブランド「DE ROSA(デローザ) 」ブースでは、創業者のウーゴ・デローザ氏のトークショーをやっていました。デローザ氏に限らず、会場にはイタリアのメーカーとともに、本国からイタリア男もぞろぞろ来ていたのですがね、やたらカッコイイんですヨ。日頃からオリーブオイル使ってんだけどなぁ…w

c06_20131130211721c9e.jpg
イタリア車のBianchi(ビアンキ)とフランスのPEUGEOT(プジョー)などを輸入するサイクルヨーロッパブース。Bianchiがメインなのはわかりますが、PEUGEOTブースは担当者も不在で試乗車も無いしでPEUGEOT乗りとしては残念。まぁ、最新のPEUGEOTにはそんなに魅力を感じていないのですが、このままでは折角復活したのに自動車メーカーのバッジだけ付けたブランドと認識されても仕方ないような気がします。あ、そうそうPEUGEOTはちゃんとした自転車屋なんですよー!
アオバちゃんのNS40とかね!

c07_201311302117230de.jpg
国産メーカーも頑張ってます!ブリヂストンアンカーBOMA(ボーマ)

c13_201311302117438b8.jpg
今は無き片倉シルクのの流れを汲む「絹自転車製作所」でっかい自転車が目を引きます。後ろにはフレームパイプメーカーの丹下のポスターも。

c08_2013113021172475e.jpg
ビーチクルーザーを販売するRainbow(レインボー)。ポップな色使いが楽しげなブースですね。何でもいいですが、エレクトラのページが見づらいですね。

c09_20131130211726a8d.jpg
こちらは英国生まれの独創的な折りたたみ自転車「STRiDA(ストライダ)
iPodみたいなカワイイカラーバリエーション!おしゃれですなぁ。ビーチクルーザーもそうですが、こういう特徴的な自転車は、何人かで集めてサイクリングしたらきっともっと映えると思うのです。

その他パナソニックなど大手やマイナーなメーカーまで時間が余す限り回りましたね。


そして、構成物である自転車は、パーツメーカーブースが豊富!
c02_20131130211701209.jpg
日本のSHIMANO、アメリカのSRAMと並ぶ、イタリアのコンポ(変速機やブレーキなど)メーカー、「Campagnolo(カンパニョーロ)」ブース。ぎこちない日本語の展示が印象。

c10_20131130211727fa8.jpg
痛ジャージを企画販売する「AURORA(アウローラ)」ブース。グッスマブースなのかな?自転車ブームとなり、自転車の世界が様々な方向へ広がっているのがわかります。
アルペジオジャージいいなぁ。

c12_20131130211742565.jpg
フェデラルの時にお世話になりましたね。自転車用スタッドレスタイヤなんてものも作っちゃう国産タイヤメーカー「IRC(井上ゴムタイヤ)

c11_20131130211741a30.jpg
まだ日本未導入のパーツブランドも新たなビジネスチャンスを狙い、出店しています。
こちらは自転車用のベルなどシティ系のパーツを扱う「liix(リークス)」。かわいいベルたちを、かわいいブロンドの少年がそのまま大人になったんだろーなっていうドイツ人のお兄さんが説明してくれました。
実は、エレクトラのベルはココのもので、BLESSで売っているBee light(ビーライト)も取り扱っていました。

c14_20131130211745f6d.jpg
番外編でNOVATECブースにあった、船大工が作った、木製ロードバイク「サノマジック」ですよ!実物は初めて見ました!材はマホガニーで、ホイールまで木製でした。是非とも乗ってみたかった!

こんなかんじで各ブース回っていました。ってか回りきれません!広くていっぱいあって、回るのに1日は必要ですね!

【試乗編】
サイクルモードは試乗もできます!ヘルメットを忘れたのは不覚でしたが、各ブースで貸してくれます。でもなるべく持ってきましょう。あと、試乗する気満々なら、ライド時の装備出来たほうがいいですね。都心に行くもんだからちょっとコジャレたカッコにしたのは失敗でしたw

c15_201311302117466ba.jpg
ARAYA Muddy Fox 650B(MFB)
90年代のマディフォックスを彷彿とさせる、クラシカルな外見のクロモリハードテイル(おまけにリジッドフォークだ!)です。軽さはクロマグのサクラには劣りますが(アレは別格)、乗り慣れたクロモリの乗り味はしっくり来るものがある!うーん欲しい!650Bは初めて乗りましたが取り回しはそんなに違和感なく、悪く無いですね。従来使われていた26HEってのは、ベースとなったビーチクルーザーの規格であって、MTBのタイヤの追求は29erの登場などコレまでも挑戦されている動きなので、中間である27.5インチ(650B)の登場も不思議ではないと思いますヨ。
ロード界も650cをもっと導入すれば日本人には幸せなのだがなぁ。


c16_2013113021183738a.jpg
こんなかんじで試乗コースが設けられています。屋外もあるので、思いのほか長く走れます。ロードもMTBもクロスバイクもストライダも一緒なので、安全で紳士的な運転が求められます。
MTBにはこの試乗コースは不利ですね。100m程度のラダーがあるだけで、物足りない!ダート走ってナンボなのに幕張では土は望めません。
仕方ないのでラダーでは危なくない範囲で思いっきり走ってみましたが、ねぇ…。長野県でやらない?サイクルモード。

大手の出店が無くなったりというハナシも何となく頷けるかと。

人気のメーカーは試乗も予約待ちだったりなかなか乗れませんでした。ところが小さいメーカーとか行くと、さっと乗れたり。
【試乗した自転車一覧】
ARAYA MFB:先ほどのマディフォックス。ページ作ってくれー!
Raleigh Carlton-F:ラレーの105組レイノルズ631で組んだロード。気持ちいいねぇ。コクのある乗り味がイイ!
STRiDA SX:三角形折りたたみ自転車のストライダ。走り出しはオッカナイが速度が乗るとコーナーリングも上々。
KONA BLAST:ハワイっぽいけどカナダのブランドKONA。650Bのアルミハードテイル。コスパも良くアリですね。ただ、個人的にはクロモリの乗り味が好みかな。
RITCHEY P-29er:リッチーのハードテイル29erリジッド仕様。直線は持ち前の大車輪がぐんぐん前へ進む。ちょっとデカイかな。
Electra Straight 8:劣化したと言われるエレクトラ。どーなんだろうね。ブレーキは質が落ちたのかなぁッて感じでした。BLESS見ちゃうとガキっぽい感じが個人的には違うかな。

以上。

会場ではいろんな催し物が。
c17_20131130211838937.jpg
BMXが飛んでたり。(ほんとすごかった。物理計算がどうかしてたw)
c18_201311302118412fc.jpg
ステージではJ SPORTSなどでおなじみな著名人が壇上でトークショーやってたり。
c19_2013113021184257f.jpg
弱虫ペダルの渡辺航先生!生でパネルに描いている場面に遭遇!
弱ペダ人気はすごくて、完全にコミケな人だよねっていうオバちゃんや箱学ジャージのきれいなおねーさんをよく見ました。
c20_20131130211843713.jpg
そこらで自転車界の有名人がコロコロしてるからすごいよね。パールイズミブースで宇都宮ブリッツェン栗村修監督や鈴木真理選手など交えてトークショーしてたり・・・。
c21_20131130212138c44.jpg
今シーズン限りで引退を表明した、信大自転車競技部出身のプロロードレーサーである、福島晋一選手のトークショーでは、サインも頂きました。42歳であの走り!5月のTOJ飯田ステージでラスト周回に至るまでトップ集団にいた姿は本当に感動しました。すげえ人です!


c22.jpg
いっぱいカタログとかもらってきました。ニヤニヤしてます。

なんでもっと早く行かなかったんでしょ?こんなに充実していて楽しいとは。
ロードだけでなく、MTBからビーチクルーザーやシティサイクルまであって、競技だけじゃない自転車の世界もあったのが好印象でした。もっと自転車業界の横のつながりがあってもイイ!ロードだけが自転車じゃない!もっと広い世界があるんだということを実感し、更に広めていきたいなと思いました。

うん、長野県でやろーよw
スポンサーサイト
プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。