スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INSPIRAIL完成!&ファットバイク雪上試乗会

サイクルペーパークラフトの新作、MTB「INSPIRAIL」が完成しました!


fb01.jpg
このフレームは、元シドニー五輪MTB日本代表のMTBライダーの鈴木雷太氏プロデュースのフレーム。レイノルズ853のクロモリで組まれたフレームは日本の山を走るために作られた軽量フレームとのこと。完成車で売っている車種ではなかったので、「実際やったらとんでもない金額になっちゃうだろうな〜」という好き勝手なパーツ組で作ってみましたw
なので、コンポはオールXTRです!(のつもりですw)
松本にある鈴木雷太さんのサイクルショップ「BIKE RANCH」に以前ARAYA FEDERALの修理でお世話になったときに作り始めたので、3年越しの作品となってしまいました。

まだ野外で撮ったりしていないので、HPへのアップは掛かりそうです。


2月10日は、松本は美鈴湖におりました。
fb03.jpg
松本のこまくさ道路沿いにある、お世話になっている自転車屋さん「じてんしゃのみせ タオ」主催のファットバイクの雪上試乗会を美鈴湖畔にある「サイクルカフェピラータ」でやっていたので、参加しました!
fb06.jpg
Fat Bikeとは、雪道での走行性を高めるため、スーパーカブも凌ぐ、3.7〜4.8インチ幅という極太タイヤ(フツーのMTBでも最大2.3インチくらい)を履かせた迫力満点のマウンテンバイクのことです!その見た目、走破性から大注目の車種であります!!
fb05.jpg
タイヤだけ見るともはやバイクですww、フレームも特殊な作りになっています。

今回試乗したのはアメリカのメーカー、SURLYNECK ROMANCER PUGという26×3.8インチの極太タイヤを履いたファットバイク。圧雪とアイスバーンと新雪が織り混じった路面でその走破性をチェック。
まず、乗り出しの見た目とウラハラの軽さに驚きました。持ち上げるのでも加速でも苦にならない重さ。
登坂では、その太いタイヤが抵抗となり大変という印象を受けましたが、とにかく下りが楽しい!
さすがのタイヤの太さがあり、トラクションは絶大!アイスバーンはやっぱり滑るのですが、コントロールの効く安定感はあります。むしろ圧雪の上に乗った新雪をリヤを流し目に滑らせながら乗るのも楽しい!
フルリジッドですが、タイヤにクッション性があります。
雪の斜面や、雪の積もった坂道をある程度スピードを出して下ると面白い!なおさらテクがあると自転車に翻弄されずにもっと面白いだろう!
落車しても、雪の上に大の字になってガハハハって大笑いするような自転車です。



新作のサイクルペーパークラフトも持っていったので、来場のたくさんの方々にうちのコも見てもらえましたw
タオのユカワさん、ピラータのナルカワさん、大感謝です!ありがとうございます!
こちらの方ももっと面白くしていきますよ!


fb04.jpg
お昼前には松本ポタリングクラブのみなさんに混ぜていただいて、美鈴湖の周りのトレイルをスノーライド!
この写真だと私がみなさんを置いてっちゃったみたいですが、そうではなく、健脚の方が一人いまして、その方についてったらこういう立ち位置になったのですが・・・w

最後は急なトレイルを降りていったのですが、その健脚の方についていけませんでした・・・(^_^;)
まだまだ体重移動に鍛錬が必要なようです。

やっぱり何人かで走ると楽しいですし、楽ですねw
トレイルは特に、先行の方が居ると走行ラインが示されるので、非常に楽です!


fb02.jpg
ピラータの猫たちとお昼のミートソーススパゲティー(大盛り250g!!!!)950円

自転車のお話だけではなく、信州の遊び場についてとっても楽しいお話が聞けました!
最高に楽しい時間を有難うございます!


TOJ飯田ステージ観に行きますよ!
スポンサーサイト
プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。