スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊那谷の西の方から〜ブログ再始動〜

◆久しぶりでございます。
お久しぶりでございます。気がついたらブログは放置のまま社会人になってました。
今も学生時代と変わらない住まいで、山仕事に励んでいます。
前回の記事からどんなことがあったかなーと振り返りますと、まぁ冬ですね。春の前ですから(もう初夏となろうとしているのに)
今年の信州の冬は上雪(【かみゆき】太平洋岸からの湿った空気による降雪。主に東信、中南信で降る。)が多く、2月には記録的な大雪となりました。今春は山に入ると倒木やシカの死骸など大雪の影響がいくらか見られました。3月にまた雪が降った日には、もう金輪祭、春は来ないんだぁー!と思っておりましたが、きちんとタカトオコヒガンザクラは満開になり、あれよあれよの間にエゾハルゼミが鳴き出す初夏の茂った山になっています。
約4000年前の縄文中期頃から、日本列島はモンスーン気候の湿潤で再生力のある自然環境の下、四季を楽しみながら生きてきました。時には地震・噴火・津波と常に変化に富んだ環境にいます。つまり、最も永遠を感じることが難しいところに我々はいるのです。人間の一生は短いので、ついつい不変に見えるものは永遠のものと勘違いしがちですが、ところがどっこい宇宙森羅万象全ては、スケールは違えど変化し続けるもののようです。
だから、放置していたこのブログもリニューアルして再出発しようかなと思います。

◆4年間がもたらしたもの。

林学徒として信州は伊那谷で、森林・林業について学びつつ、山や自転車で遊んでました。
信州だけじゃなく、出雲や蒜山、能登や高山、伊勢や名古屋、佐渡ヶ島や妙高、あとなんだ、彦根や小豆島も行ったな。そんな感じで日本国内もたくさん楽しめたなと。特に今まであんまり行けてなかった西日本を中心に訪れることが出来たのが何より有意義でした。
卒業した大学は日本の真ん中らへんあったもので、東西の文化が入り混じるようなところもあり、サークルでやった鍋のネギの使い方で知れたり…
山で旅行でアホ出来る仲間ができたことと、森林への探求に人生をかけた人々に出会えたことは、大学4年間での財産なんじゃないですかね。
それだけじゃなく、特に4年目からですが、石川で、あるいは伊那谷で面白いことを企んでるギラギラした大人の皆さんに出会えたことは、これからの人生を面白おかしく生きていく方向へとスイッチを切るきっかけになってます。

大学4年間がもたらしたものというのは、本気でこの地球を遊ぶ人々との出会いかと思います。


これは、私の卒業研究のダイジェストみたいなものです。
私が見つめた森林は、過去から現在に至るまでの森林です。例えば、縄文時代の森はどんなだったの?江戸時代の森は?というようなことを人文史と絡めて、人間が森林をどう使ってきたかを紐解きたく研究しました。
4年間遊びつくした集大成になってればいいのですが。

さて、
過去の森林なんてどうやって見るのよ?タイムマシン?んなもの無いでしょ?…そうなんです。
ここで、花粉分析というものを使います。
湖底や湿原の土壌からボーリングコア(円柱状の土の断面。堆積した年代ごとに縞模様となる。)を採取し、周囲の森林から散布される花粉の樹種と量を見ることで、その当時の森林にはどんな樹種がどれだけあったのかがわかるのです。つまり、地層中から土器や石器が見つかるように、その当時の森林が再現されるのです。

で?昔の森林がわかってどーしたの?なんか金になるの?
今回の研究ではその領域まで行ってないですが、堆積物のデータから得られることは多く、優占する樹種の推移から気候の変動がわかったり、海岸での調査では過去の津波についても探れるなど、これから来る天変地異への予測などに活用できるようです。
賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといいますからね。
これから仕事していく中で研究したことをどっかしら活かしていきましょう!

◆山仕事
三浦しおん作の林業小説「神去なあなあ日常」を原作にした映画「WOOD JOB!」が話題となりましたね。
自分が今何やっているかを説明する時に、便利な作品ができたものです。映画はまだ見てませんが。

主人公の彼は大学受験に失敗し、いろいろあって林業の世界に踏み入るわけですが、そのきっかけとなった「緑の雇用研修制度」に、彼と同じく私も木こり1年生として参加しています。
全く経験のない人でも林業従事者となれるよう、林業とはなんぞやといったゼロからスタートする内容なので、林学を専攻していた自分としてはおさらいといった感じなのですが、これまでバラバラで得ていた知識や考え方が、林業というより具体的な方向性により連関していく面白さがあります。
また、県内の異なる地域の事業体の方とご一緒するので、地域によっての違いや装備品だったり、何気ない話がとても有意義です。

研修もありますが、先輩社員の現場に混ぜて頂いて、間伐作業などもやってます。
経験と理論に裏打ちされたその技術は素晴らしいものであり、神ワザですよね。
なんといっても、かかり木などトラブルが起きた時の、リカバリの手段をいくつも持っていることがすごいと思います。やはり人間は窮地の時に試されるようです。
20140626.jpg
現代の林業において、必需品ともいえるチェーンソー(相棒)です。
ドイツのSTIHL社(Andreas STIHL AG&CO.KG)製 MS 241C-M VWという40ccクラスの山林用プロ仕様のチェーンソーです。比較的コンパクトなサイズで、大径木には厳しいですが取り回しの良さが有ります。
振動も少なく、メンテナンスしやすい設計となっており流石といったところ。キャブレター(気化器:燃料が混ざった空気を燃焼室に供給する所)調整は電子制御となっており、冬場に嬉しいハンドルヒーターも装備したフルスペックモデルです。
水色のカッティングシートを使って、ガルフオイルカラーにデコってます。

朝7時前には家を出て、9時前には現場についていますね。お昼まで仕事して飯食って寝て、午後は大体16時台で切り上げ、17時には退社してますね。夜は仕事ができないので、さっさと休めて明日に備えます。
お昼寝ですが、午前で1日、寝て起きて午後一からまた1日が始まる。そんな働きぶりです。かなり特殊なんじゃないでしょうか。
20140626a.jpg
お昼は弁当!一日の仕事の楽しみ。カラダを動かす仕事なので、飯が美味い!
そして、より栄養などに気を使うようになりましたね。

実際に働き出して思うのですが、材を出して儲けるという本来の林業の仕事より、松くい対策や生産林ではないところの整備など、エンドユーザーが見えない仕事が多いですね。
まぁ、森林というのは、水源涵養や国土保全といった自然環境の基盤みたいなところがありますので、我々の生活に無くてはならないものなんです。しかし、森林から直接資源を必要としない現代では、如何せん山と里の生活の距離感が開ききってるため、仕事をしていてその実感が薄いのが実状です。

もっと木を使って、木材と山の仕事が当たり前のものになるようにして、山と里の距離感を縮めていくことが肝要に思います。もーね、高度経済成長時に日本を自動車大国にしたように木材を普及させればいいんですよ。メディアも何もかも総動員してね。無いブームだって作れるんですから。

ワタシ個人としては、当ブログや他業種の人や山と関わりのない人に出会った時に、山の面白さをどんどん伝えていこうと思います。

◆終わりに
当ブログでは信州伊那谷を舞台に、自転車を通じて信州の自然や歴史、山仕事を通じてもっとスポットライトが当てられるべき森林、林業、木材について発信していきます。

作り続けているペーパークラフトは、今までどおりギャラリーページ「T&T STUDIO」に加え、製作過程や自転車やペーパークラフトにまつわる話を発信するブログ「落葉松自転車店」でも、紹介していきたいと思ってます。

一体何屋さんになるのか不明wですが、たった一度しか無い人生を面白おかしく生きてみようと思います。

森林に例えると、落ち葉やらゴミやらなんやら魑魅魍魎が、林床の落ち葉のように分厚く覆いかぶさったこの世の中で、キラリと輝き成長していくのは「好きだ!」「面白い!」といったシンプルな衝動からなる実生のようです。ぐんぐん成長していきたいものです!いや、するんです!

スポンサーサイト

0x7dd

あけましておめでとうごじゃいましゅ。

あけましておめでとうございます。
P4.jpg
画像は今年の年賀状です。

今年もよろしくお願いいたします。


癸巳元旦 たいが

続きを読む

ワン アップル ワーク

夏休み、ブラックのケースに保管したままだったこーむいんこーざのテキスト。

やおら、やり始めたわけだが、進まない。

終わんない終わんないぜんぜんぜんぜん終わんない\(^o^)/

やっててバカバカしくなる。

なぞなぞのためのまんじりともぜず机に向かわなければならんのか(´・_・`)

うーいぇいいぇい

やっと今日はやましたのチャリの後輪のパンク直した。


報酬w

白馬はマジで楽しかったから!
今回は写真がいい!
t07_20120913065603.jpg

久々に腹のそこから笑わしてもらった。
お前ら、サイコーだっ!
t06_20120913065308.jpg


今週末も忙しいっべよぉ!

もんだいとこたえ

みなさま午後のひと時をいかがお過ごしでしょうか?
野沢は本当にたのしかったです!

野沢行って塩カルがこびりついたんで洗車しました。

このところのマイブームというか日課の自炊の写真をタラタラと

1品目野沢菜あんかけチャーハン

2品目ほうれん草のシチューだぞ。

3品目。信州埴科(千曲市とか坂城町とか松代とか)名物、おしぼりうどん。超絶辛い辛味大根(中之条とかねずみとか地大根って呼んでる。)のジュースでうどんを食うシンプル且つ最もうどんを美味しく食う料理と自負する一品!

もちろん、うどんは手打ちだ。これ常識。イタリア製のパスタマシーンはヘラヘラした麺しか作れないなあ(これうどんってかフィットチーネだろww)。やっぱ小野式ですよ、小野式。

4品目。けんちん汁とか?



まどかのアプリ。バンナムさんのこのヌルヌル動くシリーズ。すげぇよ。すげぇから山田作れw

JA~女子によるアグリカルチャー~を農学部生協で購入。

あ、5品目。ほうれん草とケールのクロロフィルカレー。

朝の一瞬。

6品目。自家製ラー油。食べるラー油ではない。

っとまあこんな感じだ。

ケン・ブロックのドラテクが変態過ぎたので上げておく。

鷹の目インプ懐かしい。

水風船割りww

バンクでジムカーナやるってすげぇな。

もう、パリンパリン。

これはパロディ。おなじフォード・フィエスタだけど年式がwwきっちり蛍光灯は押さえてるw

とにかく、ラリーストはハンパねぇってことよ。
スバルに在籍した、ペター・ソルベルグもコリン・マクレーもトミ・マキネンもカルロス・サインツも当たり前だけどむちゃくちゃうまい。

SOLID STATE SURVIVAL STRATEGY

120101_20111227231245.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!
今日は天皇杯決勝。FC東京の初優勝を期待します!

人を描くのって難しいね。精進します。
プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。