スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう冬やめませんか?

19日に野外でのバイトでインフルエンザをこじらせて寝込んでました。

みなさん、風邪引いたら医者行きましょうね。インフルエンザは市販薬じゃ治りません。
いやぁ、市販薬で乗り切ろうとした2日間はマジキツかった。熱によって体と精神が分離されるわ、鼻づまりっていいうか、顔中膿が溜まっている感じ・・・。恐るべしインフルエンザ。

風邪をひく1週間前くらいの話。
g02_20130127124717.jpg
こんなものをせこせこ作っていました。
g03_20130127124717.jpg
プレオ量産型です。
いつも作っているペーパークラフトの側面図よりイラストレーターにて展開図を起こしました。
デジタル化は初めての試みであります。やはり、フルスクラッチの作品に比べるとおもしろみはないですが、
・みんなが作れる
・いろんなバージョンが作れる
・たくさん作れる
と言った風になかなか使えそうです。

成人式の3連休の中日はカフェピラータへ。
湯ノ原線のゲートで封鎖されているところまでプレオでアプローチして、そこから自転車で登ります。
g01_20130127124717.jpg
持ってくる車種を間違えたようです。路面は雪。圧雪路はなんとかママチャリタイヤでも走れましたが、凍ってるとダメでした。40分ほどで登りきり、肝を冷やしながらキャンプ場横のワインディングを抜け、結氷した美鈴湖を横目にピラータへ。
アオバを読みつつ、猫と遊んできました。
宮尾岳氏の「並木橋通りアオバ自転車店」は好きな漫画です。色々勉強になります。
先述の量産型プレオのMAVICカーバージョンをピラータにおいてきたのですが、店主との話の中でプロツアーチームのサポートカーを全部作ったら壮観だよねみたいな話に。ちょっとづつ進めています。

18日の午後、上諏訪の片倉館で「諏訪圏サイクルフォーラム」という催し物をやっているというので、行ってみました。
g04_20130127124717.jpg
諏訪発”木製自転車”や、無段階変速自転車の紹介などがあり、”ツーキニスト”で有名な疋田智氏と「自転車活用推進研究会」の理事である小林成基氏によるシンポジウム的な何かに移りました。
妙にハコがちっさくて、公民館でやってるみたいなんですけどねw

自転車は何処を走ればいいのかというのは、日本の自転車文化を興隆していくにあたって非常に重要で解決して行かなければならない問題。法規制が変わりまして、戦後永らく自転車は歩道という、ある意味常識がかわり、自転車は車道を走ることになりました。
しかし、戦後の高度経済成長でクルマ中心のまちづくり・道づくりの末できた日本の道路において、すべての自転車が車道を安全に走ることは正直不可能になっています。

左側通行の徹底や、マナーの向上など地道な自転車界の努力も観られますが、それだけでは解決しない問題のようにも感じます。

クルマ中心の道や街のあり方を、自転車が走れるように、安心して歩けるように変え、街に人が戻ったことで活気づいた海外の事例などを交え、今の日本の地方都市が抱えている、シャッター通りなどの問題にも踏み込んでいきます。

つまりは、自転車が安心して走れる道は安心して歩ける道の創造につながるということだそうです。

話は、昭和40年代から50年代にかけて少年達に大ヒットしたフラッシャーライト付き自転車(松下のエレクトロボーイZ的な)へ。スーパーカーブームと相まって加熱しすぎた当時の紹介を面白おかしく。
つまり、当時は自転車に夢があったと。今はTVゲームがあるからっていうありきたりな話かよとは思いましたがw
ま、それはさておき、加熱したフラッシャーライト付き自転車の競争は、自転車界に偉大な技術を残したと。
・ディスクブレーキ
・インデックスシステム(シマノで言うところのSIS、ギヤの位置がカチッと決まるっていうアレ)

正直、話の流れ的には、諏訪と何か関係が?と思いましたが、こうした夢のある自転車、新技術を詰んだ自転車を日本のスイスといわれる諏訪で出来ないかっていう話なんでしょうね。

なかなか、面白い時間でした。疋田氏はテレビマンなので話がうまい。ああいうプレゼン出来たらいいっすね。

g05_20130127124715.jpg
お目当てだった、木製自転車「もっくる」
信州産カラマツで出来ており、なかなか伸びやかなフレームデザインとなっています。
開発の方とお話しましたが、やはりカラマツは材として向いていないとのこと。集成材のようにして作っていくのはなかなかおもしろいです。
サノマジックぽいところもありますが、市販化に向けブラッシュアップしていって欲しいと思います。個人的にはラグの部分をもっとかっこよくしてほしいな。彫って模様をつけてもいいしね!

自転車業界の方へはなかなかおもしろいつながりが出来そうな今日このごろであります。
スポンサーサイト

年末のこと。

年末は、祖父の家にいました。

n01_20130110164716.jpg
向かう途中の県道303号線風越峠より北アルプス。なかなか晴天の姿を見ることの出来ない白馬三山までくっきり。最高の眺めです。

n02_20130110164716.jpg
姨捨からの夜景。聖湖からの路面は凍ってましたw

n03_20130110164717.jpg
29日。松飾りの松をとりに、裏山へ。あと松代城も

n04_20130110164717.jpg
31日。走り納めで松代へ。ゆうがた、十福の湯へ行ってみた。右下は地蔵峠からの善光寺平。

n05_20130110164719.jpg
元旦。茶臼山へ。冬の美。

n06_20130110164729.jpg
2日は別所温泉へ。

うん、温泉入ったり出たり入ったりだったw

今年も良いスタートが切れた気がするw

やぁ松本

121901.jpg
冬の定番もつ煮です。
土日に風邪をこじらせたので、多めに作っておいて正解でした。
野菜が凍みてしまって、大根なんかとろとろですよ。

15日はクリコンでした。

山歩会の。
121902.jpg
朝、プレオでabちゃんと松本へ。虹だ!
121903.jpg
クリコンは夕方からだったので、じてんしゃのみせタオへ。サーリーのファットバイク、ネクロマンサーを試乗させてもらえた!道路の白線とほぼ同じ幅の極太タイヤを履いた、ッメリケンッな大迫力MTBだ!(マジでカブのタイヤより太い)
タイヤの重さがフライホイール効果を発揮し、踏み出せば驚きの加速感があった。ついついギヤを上げてしまう自転車!(まるで真波くんみたいになれちゃうぜ!)しかも、ロードノイズがバリバリバリバリ…凄まじいw
この自転車は、アスファルトの上じゃなくて、映画「大脱走」みたいな大草原を爆走したい感じ。
この太さでスリックがあっても最高だけどねw

タオをあとにして、腹ごしらえに大好きな麺肴ひづきへ。
ブンリンへ行って、バーナー用のガスを買い、大学へ戻るつもりでしたが・・・。
121904.jpg
写真を撮ってくるのを忘れたのだけど、高砂通りにあるゴミ屋敷みたいな自転車屋さんがあるのです。
その店は、知る人ぞ知る老舗「岡田バイシクル」と言ってね、ゴミ屋敷なんですよw
1年の頃から気になってはいたんだけど、あまりにゴミ屋敷だし、だいたい自転車屋のオヤジっておっかないしw、そもそも間口が狭すぎて入れそうにないしで、のぞいたことがなかったのだ。
ふと、思い出して、よって見ることにした。
おじいさんが一人でやってるんだけど、外で自転車修理してたから、自転車談義。
したら、めっちゃ面白い人だったww
自分のフェデラル見て、いい自転車だねぇ、何処の?ってっから始まり、自分がかつて乗ってたプジョーPF10Jの話とか、新家工業の話を。

で、店内を見せてもらった。
あのねぇ、博物館だよ。
雑誌や、のりりんとかアオバでしか見たことのない、デローザやコルナゴ、昔のブリジストンのTTバイク、東叡のフレーム、ロイヤルノートンのフレーム、チネリ?ジタンのファニーバイク?あのフラッシュサーフェスなカンパのブレーキとか初めて生で見たわw
衝撃は、世田谷・上町の長谷川自転車商会以上かも(あそこもものすごいけど)
で、店内の奥に鎮座する、金色のコルナゴがあるんだけど、もはや盧遮那仏だよ。
コルナゴ・オロ、価格は280万円とか書いてあったww

長野県下でロードレーサーを売ってる店ってここぐらいだったそうだ。今みたいに海外のメーカーのものなんてたやすく買えない時代、サイクルロードレースなんてナニソレだった時代には、長野県の各地の自転車屋と共同で輸入してたりなんつう話をね。もちろん伊那の自転車屋さんも知ってて、大澤屋さんや、今はライトウェイの社長だけど、高遠の自転車屋さんだった御子柴さんの話もね。
調布の神金自転車商会もご存知で(あたりきか)、先代は関東で一番ブリジストンの自転車を売った店だとか?
今はビルになってますよって話をしたら、たいそう驚いていて、今度行ったらヨロシクって。
なんでもいいけどめっちゃ楽しそうだ。もちろんこっちもたのしいw

信大生ってことで、自転車を買ってくれた信大のお客のはなしになり。
やはり、信大。山で亡くなった方が多い。医学部の先生でロードレーサーをこよなく愛していた人や、ミヤタのロードレーサーで海外へ自転車旅に行った人。たくさん売ったそうだ。
伊那までフェアレディZ(すげぇクルマ乗ってたな!)で納品に行った話とか。
しかし、年を取り、なかなか大変そうである。
ゴミ屋敷になっているのもそういうわけで、でも独特の雰囲気を醸し出している。タイヤやチューブの山があの奥の博物館を守る城壁のようにも思えた。(地震来たらアレだけど)

自転車屋も大変だそうだ。メーカーと契約しないと自転車が売れなくて、しかも年間幾台売らなきゃいけないってノルマがあって、売れなきゃ店で買うしか無いらしい。まぁそうっちゃそうだけど。そうなると小さなプロショップって大変だよな。昔は自分も自転車屋に任せるより自分でやったほうが楽しいヤイって思ってたけど、今は自転車屋の価値ってのもわかってきた。
121905.jpg
で、上の写真のミヤタのカレンダーとこの本町商店街のカレンダーを貰った。
本町のカレンダーは裏に大正時代のマップが載っていて、面白い。見飽きないねぇ地図は。


クリコンは、楽しかったよ!うんうん。

コレもらった!
包開ける時、下着かと思ってムダにドギマギした・・・バカ。
大切に使います。ありがとう!
121906.jpg
翌朝、二日酔いがドライブしたいっていうから景色のいいところまで。常念がホント綺麗だよね。雲に隠れてるけど


121907.jpg
選挙行ってきた!

クリコンで、風邪が悪化して、月曜日は屍に。

121908.jpg
火曜日のゼミで高山土産のバウムクーヘン。年輪クーヘンもとい年輪クーンらしいwさすが樹木年輪扱う研究室だぜ!
美味しかった!
ってか月曜日を悔いた・・・。

121909.jpg
その夜は研究室の忘年会。
最高の時間でした。

くそお、なんか頭がすっきりしない。首が痛い、どうすれば楽になる?
体調崩してる人多いから、お大事に。

冬っていつから?

東京にいた頃は、次第に空気が冬の匂いになってきて、ああ、冬になったなと実感したものですが、

こちらへ来てからはあまりの冬の長さというか、音速で過ぎ去る秋に、気がついたら部屋にファンヒーターが、プレオはスタッドレスにッテな感じで、冬になっているものという感じがします。

うん、トヨタカップが来て、天皇杯が来て、高校サッカーが来ると冬。おしぼりうどんをすする(辛くて、チョーシこいてすすると地獄)と冬。
季節の移ろいは日頃から見ておかなければ置いてかれる、そんな気がします。

同じく日本という国の移ろいもしかと見ておかなければなりません。
sz05.jpg
衆院選です。
脱原発、反TPP、増税が大まかな争点になっているようです。
コレに関しては移ろいを見るのではなく、自らが考え変えていくもの。
国全体のことでもありますが、自分の日々の暮らしにあるものです。
決して遠いところの話ではなく、身近なもの。

原発にしたって、経済がどうとかそういう自分のものさしに入り切らないところで、
TVの言うがまま考えるのではなく(つまりは考えてないw)、
あの福島の事故があって、自分のイノチにとって嫌かそうじゃないかで判断してはどうだろうか。
私は嫌だ。
そういった、五感に基づいた判断をするべきだと思う。
それができるのが我々主権を持っているはずの国民だから。


12月の最初の日は松本で企業合同説明会に。
冷やかしに。
半導体関連のメーカーさんへ行ったときは、ちんぷんかんぷんすぎて流石に申し訳無かったww

晩はBOXでおでん。久々に夕亭会に参加した気がする。1年の冬は何度鍋やったか。
鍋の写真はあまりにひどいんで、ナシでw
コンニャクすげぇよw
最後にクルマのキーを落とすというご迷惑をお掛けしました。スンマセンした。

sz01.jpg
翌日、何の気なしに自転車で須坂へ。エムウェーブ。斉藤木材の大断面カラマツ集成材が使われている。
ぜひ、パルセイロのスタジアムも、信州カラマツを使ったものになるといいな。

寒かったと思う。マフラー手袋は大事だわ。
で、須坂着いたけど。ご飯の時間になっちゃった。
sz02.jpg
ここは須坂ショッピングセンターパルムという、かつて賑わったであろう商業施設。
sz03.jpg
地下街みたいな雰囲気だが、地上。しかもアーケードになっている。外からも中からもどういう建物なのかよくわからないw
自由が丘にもこんなのあったな、御徒町のガード下も歩けるし。
しかし、この雰囲気ものすごい強烈。大好きだけど。
小説の舞台になりそうだ、路地の公衆便所の一番奥の便器で用をたすと異世界へ飛べるとかw

この建物にある、「かねき」という洋食屋さんでお昼。ショーケースのオムライスのサンプルが大きすぎるので気になりよることに。先ほどのアーケードからではなく、外の通りに面した狭い階段をあがるとあるお店。人気のいない入り口とはウラハラに、老若男女、家族連れで賑わう店内。
sz04.jpg
そして、本当にデカいオムライス。当たり前のようにホールを移動するデカいオムライス。
頼んだのはカレーチーズオムライス。信州味噌を使った味噌オムライスもあった。
カレーとオムライス合うんだな。美味しかったし、満腹だ。
隣のテーブルの、おばあちゃんに連れられて来た子供は、半分残ったオムライスを前にして、本当に無理って顔をしていたw

何の気なしに行った須坂ポタリングだったが、楽しかった。寒かったけど。ココロは温まった


sz06.jpg
今日は全休の日。昼間せっかくの晴れ。部屋にいたっていいことなんかない。MTBで裏山行ってみた。
sz07.jpg
高台からの景色。ほんと気持ちいい。
sz08.jpg
巨大な猫つぐらw

今週末はセパタクローの大会です。

ハングリークリッピングポイント

あっという間に寒くなり、西駒にも南アルプスにも、松本へ向かえば北アルプスは真っ白な雪が見られるようになりました。(なんだなんだ、この小学校のクラス通信みたいな始まりはw)

木々は色づき、その役目を終えようとしております。(まだリターとしての役割はあるのですが。)

そう、時間軸は冬へ。

抗えないその移ろいに、精一杯噛み付き、日々を楽しもうというわけですが、布団のもふもふには勝てないのよ。

布団でぐるぐる考えが巡っても、その磔にされた姿じゃ何も実行できやしない。

少年よ布団を出よ。

ペンを持て、課題やれ、レポート作れ、数的やれ、自己分析しろ、飯作れ、うまいやつだ、その前に掃除しろ、猫かわいい、かわいい、かわいい、超絶かわいい、キュン死する、うぉぉおおおおおお!!!



この間、カインズホームでひざ掛けを買いました。

最近の毛布ってなんでこんなに手触りよくて、軽いんでしょ!

でも、昔から思うのですが、信州くらい寒いと、重ったい布団と毛布でないと、寝てる間にどっか行っちゃって寒いんですよ。

そりゃあ、小さい頃祖父の家では窒息死するかと思いましたがw


さて、まだまだ寒くなるわけですが、畑に残しておいたパプリカは、先日の霜で枯れました。



さ、資料作りつつ暁を待つとするか。

日の出に遅ぇ!って文句言えるくらいのいきおいで!



プロフィール

sakukasaku2

Author:sakukasaku2
信州伊那谷で山仕事をしています。
日々の伊那谷の四季の移ろいや、林業な話題、自転車やペーパークラフトについても発信していきます。
原発・核のない社会を。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
あんたるちか
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。